株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

ADR(American Depositary Receipt:米国預託証券)

ADRとは米国における自社株式の売買を円滑にするために発行される証券のことです。日本企業の米国預託証券の場合は「日本株ADR」と呼ばれています。


通常では米国外の企業が、米国内で株式によって投資家から資金を集めようとする場合、株券の受け渡しの手間や、配当金についても例えば日本企業であれば円建てで支払われるのが通常なので、米国の投資家にとっては不便でした。


ADR(米国預託証券)はこの不都合を解消することが目的であり、米ドル建てで売買・決済され、配当金も米ドルで受け取ることができ、保管も米国内で行われます。預託請負はほぼ独占的にバンク・オブ・ニューヨークが取り扱っています。


ADR
キーワードタグ:株、ネット株、投資、株式投資、初心者、入門、講座、証券会社、ネット証券、手数料、源泉徴収、特定口座、証券口座、信用取引、税金、用語、デイトレ、スイング、長期投資、配当、株主優待

一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system