株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

寄付き(よりつき)

市場が開いてから最初に成立した売買のこと、または最初に成立した売買価格を指す。「銘柄○○は9:10に寄付いた」とか「銘柄○○の寄付きは300円だった」とか使われる。寄付きは普通は一日に前場と後場で2回あり、後場の寄付きは特に「後場寄り(ごばより)」と言われる。


粉飾決算発覚や社長逮捕などの事件が起こると一日中寄付かない場合もある。


レオン博士

キーワードタグ:株、ネット株、投資、株式投資、初心者、入門、講座、証券会社、ネット証券、手数料、源泉徴収、特定口座、証券口座、信用取引、税金、用語、デイトレ、スイング、長期投資、配当、株主優待

一般株式用語トップへ戻る

inserted by FC2 system