株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

寄指(よりさし)

寄付にのみ指値注文が執行されることを条件とした注文のこと。約定しなかった場合はただちに注文は失効する。この注文のメリットとしてはよく分かっていませんが、一つには以下のことが言われています。


ザラバ中の指値の場合は指値どおりの価格でしか約定しませんが、寄りの場合は板寄せ方式が行われるため、たとえば500円で指値買い注文を出していたとして、寄り値が480円だったら480円で買えるというように、指した値段よりも安く買える可能性があるわけです。通常の指値注文だと寄りで約定しなくても注文は継続しますが、寄指だと寄りで約定しないと注文は失効するため、指値未満で買える確率が高くなるという理由があります。


レオン博士

キーワードタグ:株、ネット株、投資、株式投資、初心者、入門、講座、証券会社、ネット証券、手数料、源泉徴収、特定口座、証券口座、信用取引、税金、用語、デイトレ、スイング、長期投資、配当、株主優待

一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system