株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

特定株(とくていかぶ)

特定株とは経営権を握るために大株主が所有していたり、提携関係を結ぶために保有されている株のことで、売買される可能性が低い株のことを言います。「少数特定者持株」と呼ばれたりもします。具体的な数値は四季報などで確認できます。


特定株の比率が高すぎると流動性がなくなってしまうことから、東京証券取引所では発行済株式数における特定株の比率が上場基準(75%以下)や上場廃止基準(75%超)にもなっています。


特定株とは逆に売買される可能性が高い株のことを浮動株と言います。


レオン博士

関連語句
浮動株

キーワードタグ:株、ネット株、投資、株式投資、初心者、入門、講座、証券会社、ネット証券、手数料、源泉徴収、特定口座、証券口座、信用取引、税金、用語、デイトレ、スイング、長期投資、配当、株主優待

一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system