株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

サーキットブレーカー

サーキットブレーカーとは、先物価格の過度の変動や先行を抑えるとともに投資家の不安心理を鎮め、冷静な投資判断を促すことを目的として、証券取引所が一定のルールに基づいて発動する取引の一時中断措置のことです。


具体的には指数先物や指数オプションにおいて、先物が一定の価格を超えて上昇(または下降)し、かつ、理論価格と一定幅を超えて上方(または下方)に乖離(かいり)した場合に、取引を15分間中断します。


債券先物、債券先物オプションにおいては、先物の価格が基準値段から2円超変動した場合に、取引を15分間中断します。


レオン博士

キーワードタグ:株、ネット株、投資、株式投資、初心者、入門、講座、証券会社、ネット証券、手数料、源泉徴収、特定口座、証券口座、信用取引、税金、用語、デイトレ、スイング、長期投資、配当、株主優待

一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system