株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

ザラバ(ザラ場)

ザラバとは、寄付きから前引け(前場の取引時間帯)と後場寄りから大引け(後場の取引時間帯)の取引時間中のことです。「ザラにある普通の場」という意味であるらしい。


ザラバでの取引の方法を「ザラバ方式」といい、「成行優先」「価格優先」「時間優先」の原則で、オークション的に売買が行われていきます。


レオン博士

キーワードタグ:株、ネット株、投資、株式投資、初心者、入門、講座、証券会社、ネット証券、手数料、源泉徴収、特定口座、証券口座、信用取引、税金、用語、デイトレ、スイング、長期投資、配当、株主優待

一般株式用語トップへ戻る

inserted by FC2 system