株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

リテール業務

「リテール業務」とは個人客向けや中小企業を相手にした小口の銀行取引のことです。リテールとは「小売り」と言う意味を持ちます。代表的なものに住宅ローンや預金などの商品があり、長年の景気停滞の影響で企業向けの貸し出しが伸び悩んでいることから、銀行はリテール業務に力を入れ、収益を拡大する戦略を進めているようです。

リテール業務は一回の取引の額も収益も少ないですが、取引の件数から見て個人向けの預金サービスを充実させてたくさんの顧客を確保できれば、リテール業務でも高い収益性があると言えます。


リテール業務に対向するものとして「ホールセール業務」というものがあります。


リテール業務

関連語句
ホールセール業務

キーワードタグ:株、ネット株、投資、株式投資、初心者、入門、講座、証券会社、ネット証券、手数料、源泉徴収、特定口座、証券口座、信用取引、税金、用語、デイトレ、スイング、長期投資、配当、株主優待

一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system