株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

マネタリーベース(Monetary Base)

マネタリーベースとは、中央銀行が供給している通貨総量のことです。日本で言うと、日本銀行が供給する通貨のことをいいます。

 ◆マネタリーベース =
   「日本銀行券発行高」+「貨幣流通高」+「日銀当座預金」


マネタリーベースを元に信用創造によってお金が生み出され、それを含めた経済全体のお金の総額をマネーサプライと呼び、マネタリーベースとは意味が違うので注意してください。


リーマンショック以降、FRBの大規模な量的緩和によりアメリカ(米ドル)のマネタリーベースが急増したのに対し、日本(円)はさほど増えていません。ユーロやポンドも米ドルほどではないにせよマネタリーベースはそれなりに増えています。リーマンショック以降に歴史的な円高に陥るのも当然と言えます。


挿絵

一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system