株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

混同担保(コンドウタンポ)

証券会社に信用口座を新たに開く、または開いていると、「所有の株券を混同担保として使用することに同意する」ことについてのメールや書類が届くことがあります。その混同担保についてです。


混同担保とは複数の所有権が存在する担保のことで、「混同担保として使用する」とは証券会社が日本証券金融会社へ信用口座を開いている投資家が所有する株券をひとまとめにして(混同して)担保として提供することを指します。


投資家が信用取引を行う際、資金を全て証券会社が出しているわけではなく、この混同担保を日本証券金融会社に差し出して資金を調達しています。複数の投資家が所有する株券について、ひとつひとつ所有権を明確にして担保にするには手続きが多くなるため、それをひとまとめに「混同」して担保としているわけです。


この「所有の株券を混同担保として使用することに同意する」ことに同意する、しないは任意ですが、もし同意しなかった場合、所有する株券を代用有価証券として信用取引可能額に加算できなくなります。つまり、口座に入金している現金のみが信用取引可能額に反映されるということになり、現物株式を買うと信用取引可能額が急激に減ってしまうことになります。


混同担保に使用することに同意しても、所有している株券の所有権は投資家にあることに変わりありませんから、何かしら権利が阻害されるということはありません。


混同担保

一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system