株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

コマーシャルペーパー(CP:Commercial Paper)

コマーシャルペーパー(CP:Commercial Paper)とは、企業が資金調達を行うために発行される短期の約束手形のことです。文面上では「CP」と表現されることが多いです。金利分を額面から割り引いて販売する形で発行されます(無担保の割引方式)。例えば1億円で金利が500万円だとすると、1億円の額面のCPを9500万円で買い取ることになります。


発行体は優良企業に限られており、金融機関、証券会社などが発行を引き受け、販売先は機関投資家に限定されます。しかし金融危機により、アメリカではFRBが、日本では日銀が買い取る場合も2008年度終盤からは出てきました。


コマーシャルペーパー(CP:Commercial Paper)

キーワードタグ:株、ネット株、投資、株式投資、初心者、入門、講座、証券会社、ネット証券、手数料、源泉徴収、特定口座、証券口座、信用取引、税金、用語、デイトレ、スイング、長期投資、配当、株主優待

一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system