株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

逆指値(ぎゃくさしね)

通常の注文は「指定の株価以上なら売り」「指定の株価以下なら買い」だがその逆、「指定の株価まで下落したら売り」「指定の株価まで上昇したら買い」とする注文形態のこと。株価が上昇に転じると予想できる価格で買いを出したり、いくらまで下がったら損切りするなど、相場に張り付くことなく自動で確実に実行してくれる。

ちなみに投資ツールで最初に逆指値を取り入れたのはカブドットコム証券の「kabuマシーン」。


逆指値ができる証券会社の例

  • イー・トレード証券 https://newtrading.etrade.ne.jp/
  • オリックス証券 http://www.orix-sec.co.jp/
  • 松井証券 http://www.matsui.co.jp/
  • カブドットコム証券 http://www.kabu.com/
  • マネックス証券 http://www.monex.co.jp/
  • 楽天証券 http://www.rakuten-sec.co.jp/
レオン博士

キーワードタグ:株、ネット株、投資、株式投資、初心者、入門、講座、証券会社、ネット証券、手数料、源泉徴収、特定口座、証券口座、信用取引、税金、用語、デイトレ、スイング、長期投資、配当、株主優待

一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system