株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

日々公表銘柄(ひびこうひょうめいがら)

日々公表銘柄とは、相場が過熱してきた場合に一定のガイドラインに基づいて過度の信用取引の利用を未然に防止するため、証券取引所が毎日信用取引残高の公表を行う銘柄のことです。


日々公表銘柄になる詳しい条件については以下のページの『「日々公表銘柄」の指定等に関するガイドライン』を参照してください。
→口座設定約諾書等


日々公表は投資家に注意を促すためのものであり、日々公表銘柄の全てに信用取引規制がかかっているわけではありません。信用取引規制がかかっている銘柄は、日々公表銘柄に指定された銘柄のうちガイドラインに定める基準に該当した銘柄になります。


以下のページで日々公表銘柄の一覧を公開しています。
→信用取引に関する日々公表等


表の先頭に「※」マークがついているものが信用取引規制がかかっている銘柄になります。


日々公表の段階では信用取引規制されていませんが、相場の過熱状態が収まらずに一定の基準に達すると信用取引規制されることになります。信用取引規制されると信用取引の売買量が低下し、株価が下がる場合が多いので注意が必要です。


関連語句  信用取引規制


一般株式用語トップへ戻る


inserted by FC2 system