株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

ETF(上場投資信託)とは?

ETF(上場投資信託)とは?

上場投資信託(ETF:Exchange-Traded Fund)とは証券取引所に上場している投資信託のことで、株式と同様に売買することができます。ETFの種類も増えてきており、一般の投資信託にはないメリットもあるので概要を押さえておきましょう。



スポンサード リンク



ETFのメリットとデメリット

一般的な投資信託と上場投資信託ではどのような違いがあるのでしょうか。メリットとデメリットの点で代表的なところを挙げてみます。


●メリット

◆狙った価格で売買できる

一般的な投資信託では証券会社などにその日の受付時間までに申し込んで、翌日に決定する基準価格により売買されますが、ETFでは株式と同様に取引時間中に売買できます。もちろん成行でも指値でも売買できます。


◆信託報酬が安い

信託報酬は一般的な投資信託に比べると安いです。長期で運用する場合には信託報酬が大きなウエイトを占めるので事前にチェックしておきましょう。


◆信用がある

一般的な投資信託と比べてETFは証券取引所に上場しているわけなので、上場基準を満たしていることになります。なので一般的な投資信託と比較すると信用性は高いと言えます。


●デメリット

◆基準価格がよく分からない

一般的な投資信託では運用会社がその日ごとに基準価格を算出しますが、ETFは市場で取引されるために市場参加者の売買で価格が決まります。なので相場の状況によっては想定する基準価格から乖離することがあります。


◆出来高が少ない場合、売買しづらい

株式と同じ売買ルールなので、出来高が少ないETFでは思うように売買できない場合もあります。


●ニュートラル(中立)

◆買付手数料、信託財産留保額がない

ETFの売買には買付手数料、信託財産留保額がありません。その代わり通常の株式売買と同様に売買手数料がかかります。一般の投資信託では買付手数料や信託財産留保額はそれぞれ大きく異なり、中には買付手数料または信託財産留保額もしくは両方がかからないものもあるので、この点では中立かもしれません。



SEO:株式       トップページへ       <<前へ

inserted by FC2 system