株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

お得な株主優待

株主優待について

世界的に見てもほとんど日本の企業しか実施していませんが、株主に物やサービスを無料または割引価格で提供する「株主優待」という制度があります。この株主優待を活用することよって投資利回りの実質的な向上を狙えたりすることも株式投資のもう一つの魅力です(ほぼ日本限定)。

では、株主優待はどのようにしたら受けられるのでしょうか?どのようなものがあるのか?見ていきましょう。



スポンサード リンク



株主優待を受けるには?

株主 株主優待を受けるには前章「株券の受渡日と配当権利について」で述べたように、権利日に株を持ち越して「株主権利」を得なければなりません。ここで重要なのは株主権利を得るということで、信用取引で株を持っている場合には株主権利は得られないので、必ず現物で株を保有する必要があります。

 現物で株を保有し、権利日に株を持ち越して「株主権利」を得たならば、その2〜3ヶ月後くらいに優待品や優待に関する通知が送られてきます(新米など、送る時期が限られるものはその限りではありません)。

 株主優待の中には何がいいのか事前に選択するものもあり、これを忘れると欲しいと思っていたものがもらえなくなる場合があるので注意しましょう。



株主優待にはどのようなものがあるの?

飲食券や飲食優待券

外食チェーンでは飲食券の額面だけ無料になったり、料金から割引をしてくれる飲食優待券をくれます。
例: 2702 日本マクドナルドホールディングス、9945 プレナス、9861 吉野家ホールディングス、7562 安楽亭、7522 ワタミ etc...


自社サービス

自社が提供しているサービスを無料または割引価格で利用できます。
例: 9202 ANAホールディングス、4661 オリエンタルランド、2305 スタジオアリス、9449 GMOインターネット、4837 シダックス etc...


自社製品

食料品や日用品などを製造している会社が自社製品の詰め合わせをくれます。
例: 2811 カゴメ、2810 ハウス食品、4578 大塚ホールディングス、2579 コカ・コーラウエスト、7984 コクヨ etc...


買物券や買物割引券

小売店が自社店舗での買物に対して買物券の額面分を引いたり、割引をしてくれる買物割引券をくれます。
例: 8267 イオン、3171 マックスバリュ九州、3048 ビックカメラ、3088 マツモトキヨシホールディングス etc...


ギフトや名産品

地方の会社などはその地域の名産品をくれたりします。お米をくれる会社も多いです。一般的なカタログギフトをくれる会社もあります。
例: 6866 日置電機、8350 みちのく銀行、9996 サトー商会、8165 千趣会 etc...


金券

お米券、たまご券、ギフトカード、クオカード、図書カードなどをくれます。
例: 9413 テレビ東京ホールディングス、9740 セントラル警備保障、8897 タカラレーベン etc...


もっとくわしく調べる場合には証券会社のページや、Yahoo!ファイナンスなどの金融情報サイトで調べると良いです。また、ブログ「人気でお得な株主優待ガイド」などもご覧いただけたら幸いです。



株主優待を活用する

投資利回りを向上させる

株主優待はたいていの場合、株数に比例して株主優待の利回りが良くなることはありません。

具体的に言うと「4826 CIJ」という会社を例にあげて、株価を400円として利回りを算出(最低必要保有株数で)すると

100株以上〜500株未満 クオカード500円 利回り1.25%
500株以上〜1,000株未満 クオカード1,000円 利回り0.5%
1,000株以上〜5,000株未満 クオカード2,000円 利回り0.5%
5,000株以上 クオカード3,000円 利回り0.15%

のように、大量保有すると優待利回りは低下してしまいます。逆に言うと優待がもらえる最低必要株数で多くの銘柄を保有すると、優待利回りは最大化します。つまり優待銘柄を多く保有することで「配当+優待」で、投資利回りの実質的な向上を狙うことも可能です。


実用的な株主優待をもらう

自分がよく使うお店やサービスを提供してくれる株主優待をもらうと、実生活において節約になります。


例えばイオンでよく買物をする場合、「8267 イオン」100株保有の株主なら半期で買物金額100万円までで3%のキャッシュバックが受けられたり、GMOグループ会社にてインターネット接続やレンタルサーバ利用、ドメイン取得などをしている場合、「9449 GMOインターネット」100株保有の株主なら年間10,000円分の利用料が無料になります。



株主優待画像集

実際にはこんなものが届きました。(別窓で開きます)


8058 三菱商事(株) 2014年9月
3153 八洲電機(株) 2013年9月
9449 GMOインターネット(株) 2013年6月
9855 (株)くろがねや 2013年5月
2915 ケンコーマヨネーズ(株) 2013年3月
2924 イフジ産業(株) 2013年3月
2812 焼津水産化学工業(株) 2013年3月
8935 (株)エフ・ジェー・ネクスト 2013年3月
4826 (株)CIJ 2012年12月
9824 泉州電業(株) 2012年10月
9405 朝日放送(株) 2012年9月
8728 (株)マネースクウェア・ジャパン 2012年9月
9405 朝日放送(株) 2012年3月


トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system