株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

株券の受渡日と配当権利について

株券

配当や優待を受けるには、権利日に株を保有していることが条件になります。ただし株を買ったらすぐに株を保有していることにはなりません。では、いつになったら株券を受け取れるのでしょうか?大事なところなのでよく理解するようにしましょう。



スポンサード リンク



株券の受渡日

ネット証券で株を買う(約定する)と画面上では即ポートフォリオに追加され、株を保有しているように見えますが、実際に株券を持っているわけではありません。実際に株券が受け渡されるのは証券取引所の3営業日後と決まっています。このようにネット証券で株を買った日(約定した日)を約定日(やくじょうび)、実際に株券が受け渡される日を受渡日(うけわたしび)といいます。


カレンダー

左図で示された2006年3月で例えると(色がついた日は証券取引所が休日の日です)、約定日が3月6日なら受渡日は3月9日、約定日が3月17日なら土・日・祝日をはさんでいるために受渡日は3月23日になります。
 なぜ3営業日後なんていう時間が必要かというと、以前は本当に株券と資金の交換をしていたわけで、日数が必要だったという過去の流れを引き継いでいるだけだそうです。現在ではそんなに時間が必要ではないですがシステム変更の手間があるため、そのままになっているようです。



注意しなくてはならないのは株を売却した場合にも同じことが言えるということです。株を売却すると買付余力には即反映されていますが、実際の支払いは3営業日後になります。つまり3営業日後でないと証券口座から現金の引き出しはできないので注意してください(現金を引き出すことはできませんが株を買うことはできます)。


株は買ったらすぐ売れるの?

株券の受渡日は3営業日後ですが、3営業日後でないと買った株を売れないということではありません。株を買うと3営業日後には株券があるということは分かっているので、それを前提に買ったらすぐに売ることが可能です。そして株を売ったお金はすぐに買付余力に反映され、株を買うことができます。しかし、前述のとおり証券口座から現金の引き出しに関しては3営業日後でないとできません。



配当権利や優待権利を得るには

配当や優待の権利を得るためには、その権利日に株券を持っていることが必要になります。つまり株券の受渡日を考慮して、権利日の3営業日前に株を持っていることが必要です。


※2009年11月以前は権利日の4営業日前に株を持っていることが必要でしたが、現在は3営業日前になりました。


カレンダー2013年2月

左図で示された2013年2月で例えると(赤色がついた日は証券取引所が休日の日です)、権利日が2月28日だとするとその3営業日前、2月25日の大引けに株を持っていることが権利を得る条件になります。極端に言えば配当や株主優待を得るためには2月25日の大引けで買って、その日の時間外取引や夜間取引で売っても良いということです。ただし、配当権利日が過ぎた株は「権利落ち」と言って理論上は配当分の株価が下がることになります。必ず配当分の株価が下がるわけではありませんが、権利落ちについては意識しておくようにしましょう。


カレンダー2013年3月

また、権利日が証券取引所の休日にあたる場合には、その直近の営業日に株の受渡しが済んでいる必要があります。2013年3月を例にすると、3月31日は休日なのでその直近の営業日である3月29日に株を持っている必要があります。つまり権利日は3月29日の3営業日前である3月26日となることに注意してください。



権利付き最終売買日(権利を取るためには株を持っていなくてはならない日)と、権利落ち日(配当と優待の権利が落ちた日)がいつになるのかについては東証スケジュールをご覧ください。


トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system