株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

株を買ってみよう(現物買手順)

取引体験デモ

注文の出し方について一通りの理解ができたら次は実際に注文を出してみましょう。とは言っても売買したい銘柄が無ければ注文が出せませんね。そこでネット証券会社のホームページ上では「取引体験デモ」というものが用意されているので、シミュレーションしてみましょう。例としてSBI証券の取引体験デモを使ってみます。

SBI証券ホームページの右側に左画像のようなボタンがあるのでクリックします。



現物買注文の出し方

現物買注文1

現物買注文を出すには次のような入力をします。
@「取引」の「現物買」を選択します。
A「銘柄コード」を入力します。
B「市場」を選択します。特別な理由が無い限り、「当社優先市場」で大丈夫です。


そのまま株数などを入力して注文を出せますが、株価の詳細を見ながら注文発注するために、「株価表示」ボタンをクリックしましょう。


現物買注文2

すると選択した銘柄の現在の株価や注文状況などを確認できる画面が表示されます。「市場/株価更新」ボタンで現在の株価に表示更新することができます。
C株数を入力します。株数は「売買単位」の整数倍の注文ができます。
D注文執行条件を指定します。
E注文の有効期間を指定します。デフォルトでは「当日中」になっています。
F購入した株の「預り区分」を指定します。特定口座を開設している場合はデフォルトでは「特定預り」になっています。
G「取引パスワード」を入力します。


「注文確認画面を省略」にチェックを入れると注文確認なしで注文を出せますが、なるべく「注文確認画面へ」ボタンをクリックしてよく注文内容を確認してから注文を出すようにしましょう。


現物買注文確認画面

注文確認画面はこのようになります。「株価更新」ボタンで現在の株価に表示更新することができます。注文銘柄、株数、価格などに間違いがないかよく確認しましょう。この場合は45,000円の指値注文なので見積価格が45,000円ですが、成行注文だと見積価格が値幅制限いっぱいの48,700円になります。一時的に買付余力から多く引かれますが、約定したら差分は戻ってきます。また、成行注文を出す場合には買付余力が値幅制限いっぱいの金額が無いと注文できません。

注文に間違いが無ければ「注文発注」ボタンを、注文を訂正する場合は「注文入力画面へ戻る」ボタンをクリックしてください。


注文受付完了画面

注文が正常に受け付けられるとこのような画面が出ます。注文を出しても約定する前までは注文の訂正や取消をすることができます。もちろん約定してしまったらやり直しはできないので注文は慎重に出しましょう。


SEO対策:株式       トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system