株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
信用取引編 - 初心者のためのネット株入門

つなぎ売り

蕎麦

株式を長期保有する方針でも、どう考えても天井圏で利食い(利益確定)したくなるという状況がしばしば訪れます。単に売ってしまってはせっかく保有し続けた株も減る、もしくは無くなってしまいます。株は減らしたくない、だけど利食いはしたいという場合に用いられる手法として「つなぎ売り」があります。

「つなぎ売り」によって長期保有中に起こる急落を回避したりと有効な手法であるので、ぜひやり方をマスターするようにしましょう。



スポンサード リンク



つなぎ売りとは

長期で株式を保有しているとどうしても一時的に急落すると予想される場面があります。そんな時に保有している現物株と同一銘柄の一部または同数分の株数を信用取引で売建てることを「つなぎ売り」といいます。「空売り」と同じ信用売りですが、危険度・意図は全然異なります。


つなぎ売り

例えば天井圏に達したと思われる銘柄を売り建てして、思惑通りに株価が下落したら、買い返済して差益を得ることができます。保有している現物株の値下がり損を現金化したことになります。予想に反して株価が上昇してしまったら、買い返済するのではなく、現渡しによって決済を済ませることができます。ここが空売りとの大きな違いです。空売りは買い返済するしか方法がないわけですから、現金で損失分を支払わなければなりません。


つなぎ売りは消極的な策と思われがちですが、むしろ積極策です。思惑通りに値下がりしたら、獲得した現金でさらに現物株を買い増せるチャンスと資金が生まれ、思惑はずれになってしまっても、現渡し決済をすることで一定の利益は得ているわけです。活用の仕方は難しいと思いますが、なかなかおもしろい手法だと言えます。



つなぎ売りのその他の活用法

公募株のつなぎ売り

公募株(PO:Public Offered Share)とは、既に上場している会社が新しく資金調達をしたり大株主が持っている株式などを売却するときに、投資家にその株式の購入を呼びかけるものです。公募株というのは通常、時価よりも安く、しかも手数料なしで購入することができます。しかし、買ってから売却可能日までの間売ることができません、しかも需給の悪化により株価が一時的に下落する可能性があります。

このような場合、公募株で買った株を信用取引で売建てしておくことで値下がり分のリスクを回避することができます。


株式移管の際のつなぎ売り

他証券会社へ株券を移管している間に株価が値下がりしそうな場合にも、「つなぎ売り」を利用すれば、移管中の株券の値下がりリスクを回避することが可能です。ただ、他証券会社に株券を移管する場合、取引の寄りか引けで成行売買するという手もあります。


株主優待権利確定のつなぎ売り

そろそろ売り時だと思っている株が、もう少しで権利付最終売買日を迎えるといった場合にも、「つなぎ売り」が利用できます。権利確定前に信用売りでとりあえず売建てしておいて、権利落ち日に現物株を現渡しすれば、株価の下落リスクを回避しつつ、株主優待も手に入るというわけです。前章の「株主優待タダ取り」で述べたように逆日歩には注意しなければいけません。


SEO対策:株式       トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system