株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
信用取引編 - 初心者のためのネット株入門

信用取引口座の開設と審査

信用約諾書在中封筒

信用取引を行うためには、すでに口座を開設している証券会社で信用取引口座開設の申し込みをする必要があります。信用取引口座開設には審査がありますが、ネット証券では信用取引口座開設の敷居は低いため、ある程度の株式売買経験と金融資産があれば大抵は開設することができます。



スポンサード リンク



信用取引口座開設の申し込み

信用取引を行うには信用取引口座を開設することが必要になります。すでに口座を開いている証券会社のホームページ上から信用取引口座開設の申し込みを行うことができます。そこで必要事項を入力し、その内容を元に審査が行われ、審査にパスすると信用取引口座開設のための書類が送られてきます。審査の基準は明確にされてはいないですが、重要な点は以下のようなことらしいです。


信用取引口座開設のページには「証券会社が必要と判断した場合には電話での審査がある」と明記されていますが、電話で審査を受けたという人の話を聞いたことがないので実体はよく分かりません。また、よく聞く質問に「無職でも信用取引口座は開設できますか?」という内容がありますが、もちろん開設することはできます。しかし証券会社によっては審査が若干厳しくなる場合があるようです。



口座開設書類の返送

審査にパスすれば証券会社からその旨の通知があると思うので証券会社のホームページにログインして確認してください。しばらくすると信用取引口座開設のための書類が送られてきます、以下の必要となるものを用意しておきましょう。


Eトレの通知 書類には4000円の収入印紙を貼り、それに届出印で割印をします。左図のように書類と印紙の両方にかかるように押印してください。収入印紙は郵便局などで売っています。松井証券では信用口座の開設に収入印紙がいらなかったり、丸三証券では収入印紙代4000円がキャッシュバックされたり、信用口座開設の特典を設けている証券会社もあるようです。


SEO対策:株式       トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system