株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
信用取引編 - 初心者のためのネット株入門

信用取引とは?

樹海

信用取引とは簡単に言うと証券会社に保証金を預けることで投資家を信用して株を買うお金、または株そのものを貸してくれて、それを使って株の売買を行うという取引のことです。使いこなせればとても取引に有利な反面、リスクも大きいのでよく理解してから実践しましょう。



スポンサード リンク



信用取引は何のためにあるんでしょう?

信用取引では証券会社や証券金融会社が貸し出した資金の金利や貸株料で儲けられるというのもありますが、流動性を高くする(株が盛んに売買される)ことで適正な株価を形成するという目的もあるようです。また、企業への資金も増えるし儲けが出る可能性も金額も増えるため、税金も多く徴収できます。



信用取引のメリットとリスク

レバレッジがかけられる

レバレッジとは「てこ」のことで、証券会社に入金した保証金の約3倍の売買ができるようになります。つまり100万円を保証金にして300万円の株を買うことが可能です。得られる利益は3倍になりますが、もちろん損失も3倍になる恐れがあります。


株を借りて売ることができる

現物取引では持っている株しか売ることができませんでしたが、信用取引では株を持っていなくても証券会社などから借りて売ることができます。株価が値下がりしたところで株を買い戻して返済すればその値下がり分を利益にすることができるため、下落相場でも儲けることが可能になります。証券会社に入金した保証金の約3倍までの時価の株を借りて売ることができます。

株を借りて売る場合で恐ろしいのは、株価は最悪の場合倒産して0円になるのが限界ですが、高騰した場合には制限がありません。つまり株を借りて売って、その株が高騰してしまった場合には損失はどこまで膨らむか分からないということです。昔から「買いは家まで、売りは命まで」という格言があるほどリスクの大きい取引なので、特に慎重を要します。


現金とは別資金として運用できる

現金は買付余力という表現で株を買い付けられる可能額が示されますが、信用取引では信用建余力という表現で株を売買できる可能額が示されます。別資金というのは例えば、現金が100万円あったとして現金で銘柄Aを100万円分買ってその日のうちに売ると、もう当日中には差金決済にあたるために現金で銘柄Aを買うことはできませんが、信用建余力が約300万円あるので銘柄Aにおいて当日中にまだ300万円分の売買が信用取引で可能であることになります。


※2013年1月1日、信用取引の規制緩和がありました。詳しくはこちら


金利や貸株料がかかる

株を信用買いをすると証券会社から買付け資金を借りるわけなので、信用買いをしている期間は金利が発生します。逆に株を信用売りしても証券会社から株を借りるわけなので、信用売りをしている期間は貸株料が発生します。


売買手数料が安い

基本的に現物取引に比べて売買手数料は安いです。そのかわり金利や貸株料がかかりますが、借りている期間が短ければ安くなります。


SEO対策:株式       トップページへ       次へ>>

inserted by FC2 system