株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

PTS夜間取引と取扱証券会社について

夜間取引

夜間取引はPTS(Proprietary Trading System)というSBIジャパンネクスト証券株式会社の私設取引システムを介して行われています。昔は夜間取引ができる証券会社が複数存在しましたが、現在ではSBI証券だけとなりました。

夜間取引によって日中は仕事をしているため場中に取引ができない人が夜間に売買したり、アメリカの動向を見ながら売買したり、決算の結果や投資家情報の発信を見てすぐに売買することができます。おもしろそうな夜間取引ですが、注意点もいろいろあるのでよく理解してから利用しましょう。



スポンサード リンク



夜間取引の注意点

夜間取引は注意して利用しないと思わぬ損失を被ったりすることがあります。どのようなケースが危険なのかまとめてみました。


値動きが激しくなることがある

夜間取引に参加しているのは個人投資家であるため、売買数量が非常に少ない(流動性が低い)です。そのため株価が大きく変動しそうな企業情報などが出ると極端な値動きをすることがあります。証券取引所では国内外の投資家や機関投資家が参加するために十分な流動性が確保でき、その結果として適正な株価が形成されます。それが少人数だとパニック的な株価が形成されることがあるので、惑わされないように注意してください。


翌日の株価の参考にはならない

夜間取引での株価は翌日の株価の値動きの参考になるものでは無く、全然関係ありません。夜間取引で高かったから翌日も高いかと言うとそうでなかったり、逆に夜間取引でそんなに高くなかったのに翌日にすごく高いなんてこともあります。なので夜間取引の株価を真に受けて取引をすると不要な損失を被ることがあります。


悪意のある注文がある

参加者が少ないので注文が出されている銘柄も少ないのですが、そんな中で故意にすごく高い価格で売り注文を出したり、すごく安い価格で買い注文を出していたりすることがあります。他の注文が無いため、勘違いや発注ミスをするとそんな注文が約定してしまい、大損してしまうこともあります。夜間取引ではより慎重な発注が必要です。


夜間取引のルール

夜間取引が行われている時間帯

夜間取引は現在SBI証券だけが取り扱っています。夜間取引は証券取引が行われた日の夜間に行われていて、取引時間は19:00から23:59です(ナイトタイム・セッション)。証券取引所が休場の夜間はやっていませんのでご注意ください。また、時間外取引としては8:20から16:00の間も行われています(デイタイム・セッション)。
※年末はナイトタイム・セッションの運営を休止しています。


可能な取引の種類など

可能な取引は現物取引だけです。現物の売買はできますが、信用取引の信用買・信用売はできません。売買できる口座の種別は一般口座と特定口座で、NISA口座では可能な銘柄なら買付ができるようです。


売買ルール

注文ができる時間帯は取引時間中だけ(8:20〜16:00、19:00〜23:59)です。取引時間が始まる前に前もって注文しておくことはできません。取引時間中に成立しなかった注文は次へ持ち越されることなく失効します。


注文方法は指値注文のみで、成行や逆指値のような注文はできません。呼値や制限値幅についてはこちらを参照してください。また、PTS独自のルールにより、売買の停止又は制限が行われる場合があります。


取引手数料

取引手数料は1注文の約定に対してかかる方式のみです。1つの注文が複数に分かれて約定した場合、1注文1約定として手数料が計算されます。(例えば400円の株を200株注文していて100株づつ別々に約定した場合でも、200株同時に約定したとみなされた手数料になります)


SBI証券PTS取引売買手数料(2017年1月調べ)
1注文の約定金額 インターネット取引手数料
〜10万円 132円(税込142円)
〜20万円 176円(税込190円)
〜50万円 259円(税込279円)
〜100万円 462円(税込498円)
〜150万円 553円(税込597円)
〜3,000万円 876円(税込946円)
3,000万円超 924円(税込997円)

トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system