株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

手数料を調べよう

ネット証券においてかかる手数料には株を売買する際にかかる売買委託手数料と、入出金の際にかかる入出金手数料があります。店舗を持つような一般の証券会社だと口座管理料が必要になる場合がありますが、ネット証券では口座管理料は無料です。つまりネット証券口座を開設するだけならお金はかからないので(手間はかかりますが)気になるネット証券には口座を開設しておくのが良いでしょう。

この章では売買委託手数料と入出金手数料について説明します。売買委託手数料は証券会社によって特色があるので必ず確認するようにしましょう。


スポンサード リンク



売買委託手数料

株を売買する時にかかる手数料のことです。買う時にも売る時にも手数料がかかるため、必ず往復で考えておくようにしましょう。この売買委託手数料は証券会社によって設定が異なり、自分の投資スタイルでお得になる証券会社を選ぶことが重要です。例えばデイトレードのように一日に何回も売買する場合なら「一日の約定代金の合計額での手数料」や「一日、一ヶ月定額制の手数料」を選んだり、一回あたりの売買が巨額なら「一回売買あたり定額の手数料」を選んだりすると手数料の節約になります。月に数回程度でさほど高額でなければ「一約定ごとの売買金額に応じた手数料」で良く、これは一般的なネット証券のデフォルトの料金体系になります。


約定(やくじょう)

約定とは、株式などの有価証券の売買が成立することをいいます。株を売買するのにかかった金額が約定代金になります。


ネット証券ごとの手数料の料金体系と特徴をまとめたページ「ネット証券手数料比較」も参考にしてみてください。


証券会社によっては手数料がタダになるケースもあるので、お得に利用しましょう。


手数料タダを利用しよう

小額に限る場合が多いですが特定の料金プランであったり、一定期間のキャンペーンであったり、手数料が無料になるケースが増えてきました。以下にまとめてみました。


@常に無料のケース

松井証券 http://www.matsui.co.jp/
現物・信用取引手数料が1日の約定代金合計額10万円まで無料。信用取引口座を新規開設した場合、開設後6か月間は1日の約定代金(現物・信用取引の合計)が30万円以下の場合手数料無料。信用取引で当日中に決済した場合は手数料無料(一日信用取引、デイトレード向け)。


カブドットコム証券 http://kabu.com/
フリーETFというサービスがあり、指定したETFについては売買手数料が無料になります。対象となるETF銘柄一覧はこちらをご覧ください。


ETF(イーティーエフ)

投資をプロに運用してもらう投資信託という商品がありますが、ETFとは証券取引所に上場している投資信託のことになります。上場しているので株と同じように売買ができます。


A特定の料金プランで無料のケース

信用取引において、SBI証券は一日の約定代金5,000万円以上で手数料無料、クリック証券は一ヶ月の約定代金5億円以上で手数料無料。大口の信用取引利用者向けです。


B一定期間無料のケース

丸三証券 http://www.03trade.com/
口座新規開設から2ヶ月間は手数料無料。売買回数、約定代金等の制限はありません。電話注文は対象外です。


手数料がタダのETFを使って売買の練習をしてみたり、手数料タダの範囲内で細かく買い足していったりといろいろ工夫してみましょう。


入出金手数料

株を売買するためにはまず、ネット証券の自分の口座に入金をしなければなりません。また、証券口座から出金するには指定した銀行へ振込んでもらうなどしなければなりません。その時にかかるのが入出金手数料です。入出金の方法とそれにかかる手数料をまとめてみました。


入金をする際の手数料

入金をすることで買付余力(株を売買できる金額)に反映されます。入金の方法によっては手数料がかかったりかからなかったり、買付余力の反映が早かったり遅かったりするので口座を開いているネット証券のサイトなどで必ず確認するようにしましょう。


方法@ 銀行振込を利用する

証券会社から指定された振込用口座に銀行から振込む方法です。利用開始のための手続きは必要無く、どこの銀行からでも振込むことができます。ただし振込み手数料がかかり、買付余力への反映も数時間かかるのが普通です。


方法A 即時入金サービスを利用する

口座を開設している証券会社の提携銀行からだけになりますが、インターネット上から入金でき、利用時間は平日ほぼ24時間(休日もメンテナンス時や年末年始などを除いて利用可能)、手数料無料で買付余力に即時反映されます。ただし、提携銀行口座を持っていてネットバンキングサービスに契約している必要があります。


方法B ゆうちょ銀行口座を利用する

インターネット上の操作で入金が可能で利用時間は24時間、手数料無料ですが、買付余力への反映が遅かったり、利用可能になるまで申し込みから数週間かかる場合があるようです。


方法C ATMカード入金を利用する

セブン銀行及びゆうちょ銀行のATMから証券会社のATMカードを使って入金します。手数料はセブン銀行は時間帯によって(7:00 〜 19:00)は無料ですが、ゆうちょ銀行では完全に有料になります。買付余力に即時反映されますが、利用するにはATMカードの申し込みが必要になります。



出金をする際の手数料

方法@ 指定の銀行口座へ出金依頼をする

証券会社のサイト上から、もしくは電話にて事前に登録している銀行口座へ出金の依頼をします。この出金手数料は無料の場合が多いようですが、必ず確認しましょう。


方法A ATMカードで出金をする

証券会社が発行しているATMカードでも、セブン銀行及びゆうちょ銀行のATMから出金できます。一日の出金限度額は証券会社のサイト上で設定ができます。手数料はセブン銀行は時間帯によって(7:00 〜 19:00)は無料ですが、ゆうちょ銀行では完全に有料になります。



以上を見ると入金はAの即時入金サービスがすごく便利です。出金は大きい金額の場合は@の方法がいいです。ATMカードは大きい金額を取り扱うのには不便ですが、セブンイレブンで無料&手軽に利用できる点がいいので、作っておくのをおススメします。


トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system