株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編  投資判断編 投資判断編
株式用語対応 - 初心者のためのネット株入門

証券会社選びの壺

売買のマッチング

株式投資を始めるのにまず最初にするべきことは証券会社に口座を開くことです。株は証券取引所で売買されていますが、一般の投資家は証券会社を通して株の売買を行うためです。投資家の注文を証券会社がまとめて証券取引所へ出し、投資家の売りと買いがマッチングされます。

株のネット売買を取り扱っているいわゆるネット証券は今や数多く存在します。「どの証券会社が良いのか分からない」と思ってしまうかもしれませんが、それぞれの証券会社はやはりそれぞれ特徴があり、自分がどんな投資スタイルでいきたいのかなどを考え、自分に合ったネット証券を選ぶことが大事です。どうやって選んだらいいのか?ネット証券を選ぶポイントをあげてみました。


スポンサード リンク



どうやって選べばいいの?

証券会社の選び方としては、まず自分がどの様な株式投資をしたいかにかかってきます。株式投資についてよく分からないし、自分で勉強して行うのにも自信が無いので専門家からアドバイスが欲しいとなれば店舗があって店頭で説明してくれて、投資商品の勧めと売買まで全部やってくれる証券会社がいいでしょう。しかし、営業マンが勧める投資商品が良いものであるという保証は無いし、いろいろな手数料がかってしまいます。


やはり自分で判断して売買を行うのがコストが安いだけでなく知識や経験が積めるので、インターネットがメインの証券会社を選ぶべきです。そのようなネット証券と呼ばれる証券会社でもメインターゲットとする顧客層がありますが、どの証券会社も投資初心者をターゲットにしてきているので選べる証券会社は多くなりました。その中でもどのような点をチェックすれば良いのかをまとめてみました。


手数料をチェック!!

株を売買するには手数料というものがかかります。この売買委託手数料が自分のトレードスタイルに有利な証券会社を選びましょう。手数料について詳しくは次章で説明します。


取扱商品をチェック!!

自分が投資したい商品を取り扱っているネット証券を選びましょう。日本国内の上場している会社の株は基本的にどのネット証券でも売買できますが(名証・札証・福証を除く)、投資信託、債券、IPO、外国株などの取扱は証券会社によって違います。自分が投資したい商品がなかったなんてことにならないようにネット証券のホームページなどでよく調べましょう。分からない場合は電話で質問しても丁寧に答えてくれます。


情報・サービスをチェック!!

ネット証券に口座を開設すると、証券会社のホームページで自分のIDを使ってログインすることができるようになります。ログインすることによって投資に関する様々なニュース、証券アナリストによる銘柄の分析、リアルタイム株価(非ログイン状態など、通常提供されているのは20分遅れの株価の場合が多いです)、注文状況を確認できるリアルタイム株価ボード(板)などを見ることができます。さらには逆指値などの自動売買サービス、携帯電話やスマートフォンでの取引サービス、PTS夜間取引サービス、単元未満株売買サービスなどがあるので、自分が利用したいサービスを行っているネット証券を探しましょう。


投資ツールをチェック!!

証券会社によっては株を売買するためのツール(パソコンにインストールして使用するアプリケーションやスマートフォン向けのアプリ)を取り扱っている場合があります。このツールは株を売買しやすくするためなのはもちろん、リアルタイムに多くの銘柄の株価を並べて表示したり、詳細なチャート、企業情報、ニュースなど多くの情報をすばやく入手するのにも役立ちます。このツールは有料(普通は月払い、規定の取引量により無料で利用できる場合もあります)ですが、プロが使用しているようなレベルのツールを利用できるという強みになります。特にデイトレードなどの瞬時の判断を要する投資をする場合には必須です。


主なツールの紹介

SBI証券 https://www.sbisec.co.jp/

投資に必要な情報収集が充実し、スピーディーな発注のための機能を備えた「HYPER SBI(ハイパー・エスビーアイ)」。多彩な表示形式とカスタマイズ自在なマイページで、投資スタイルに合った情報表示を作成できます。スマートフォン用には「HYPER株アプリ」。
→HYPER SBI詳細へ
→HYPER株アプリ詳細へ


楽天証券 http://www.rakuten-sec.co.jp/

豊富な情報と多彩な機能で1999年の登場以来多くの投資家に利用され続けている「MARKET SPEED(マーケットスピード)」。
スマートフォン版は「iSPEED」。
→MARKET SPEED詳細へ
→iSPEED詳細へ


GMOクリック証券 https://www.click-sec.com/

シンプル操作のトレードツール「はっちゅう君」、高機能取引ツール「スーパーはっちゅう君」、iPhoneアプリでは「iClick株」、アンドロイドスマホでは「株roid」などがあります。
→はっちゅう君詳細へ
→スーパーはっちゅう君詳細へ
→iClick株詳細へ
→株roid詳細へ


マネックス証券 http://www.monex.co.jp/

高機能リアルタイムトレーディングツール「新マネックストレーダー」。スマートフォン用には「マネックストレーダースマートフォン」。
→新マネックストレーダー詳細へ
→マネックストレーダースマートフォン詳細へ


カブドットコム証券 http://www.kabu.com/

カブコム自慢の高機能トレーディングツール「kabuステーション」。高機能スクリーニングツール「カブナビ」。各種ボードやランキング、業種別ボードランキングを表示する「カブボード」など。
→kabuステーション詳細へ
→カブナビ詳細へ
→カブボード詳細へ


投資ツールは慎重に選びましょう



人気で定番の証券会社

人気があって定番とも言える証券会社についてご紹介します。選ぶ基準を参考にして比較検討してみてください。また、複数の口座を作っても問題が無いので、とりあえず複数の口座を作って利用してみて絞り込むという方法でも大丈夫です。


SBI証券

 顧客数・人気ともにNo.1です。手数料も安く、取り扱う投資商品が豊富であるし、投資情報も充実していて使いやすいです。取引ツールもパソコン用では「HYPER SBI」、スマートフォン用では「HYPER 株アプリ」など、ほぼ無料で利用できます。


楽天証券

投資商品、投資情報が充実しています。最も人気のあるのパソコン用取引ツール「MARKET SPEED」、スマートフォン用では「iSPEED」などがほぼ無料で利用できます。楽天会員なら口座開設が楽で、手数料に対して楽天ポイントがもらえます。


GMOクリック証券

手数料が最も安いです。取引ツールも人気があり、パソコン用では「スーパーはっちゅう君」、スマートフォン用では「iClick株」「株roid」など無料で利用できます。


他に高評価のネット証券は以下になります。気になる証券会社はチェックしておきましょう。
カブドットコム証券
松井証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券


次は株式投資をする上で重要な「手数料」ついて見ていきましょう。


トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system