株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
テクニカル分析編 - 初心者のためのネット株入門

MACD(マックディー)

MACD(マックディー)

MACD(Moving Average Convergence/Divergence Trading Method:移動平均収束/拡散取引手法)とは相場のトレンド周期を見たり、上昇・下落トレンドの方向性や勢いを見るためのオシレーター系テクニカル指標です。根強い人気があり、いろいろなところで使われるので、どんなものなのか見ていきましょう。



スポンサード リンク



MACDの考え方と使い方

◆MACDは移動平均線から算出

MACDとは簡単に言えば12日移動平均線から一定のルールで算出した数値を「基準線」とし、26日移動平均線から同じように算出した数値を「相対線」として、「基準線 − 相対線」としたものです。


MACDの公式

つまり単純に言えばだいたい短期から長期の移動平均線を引いた結果となり、短期が長期を上回る上昇トレンドならMACDの数値はプラスに、短期が長期を下回る下降トレンドならMACDの数値はマイナスになります。


移動平均線とMACDの比較

上図で12日と26日移動平均線とMACDを比べてみると、長期線(26日)を短期線(12日)が下回って少しするとMACDもマイナス圏へ、長期線(26日)を短期線(12日)が上回って少しするとMACDもプラス圏へ推移します。


また、数値がよりプラスなほど強い上昇トレンドで、数値がよりマイナスなほど強い下降トレンドであるとも言えます。


◆MACDとシグナル

MACDの指標を使うにはもう一つ、「シグナル」という線を用います。「シグナル」とはMACDの9日移動平均線で、MACDに遅れて動く線となります。


MACDとシグナル

紫の線がMACD、黄緑の線がシグナルです。


この「シグナル」をMACDが上に抜いた時上昇トレンドへの転換、下に抜いた時には下降トレンドへの転換を表していると言えます。


◆売買タイミング

以上のことから買い・売りタイミングの判断は以下のようになります。


【買い】
MACDの買いタイミング

シグナルをMACDが下から上へ抜いた時。MACDがマイナスからプラスへ転じればより好ましい。


【売り】
MACDの売りタイミング

シグナルをMACDが上から下へ抜いた時。MACDがプラスからマイナスへ転じればより好ましい。


図の中で灰色の棒グラフ状のものがありますが、それはMACDとシグナルの乖離を表したもので「MACDヒストグラム」と呼ばれます。単にMACDとシグナルの差分を可視化したものなので、考え方・使い方は同じです。



トップページへ       <<前へ

inserted by FC2 system