株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
テクニカル分析編 - 初心者のためのネット株入門

その他のチャート型(ウェッジ型・ボックス型)

箱

三角持ち合いの他にも、株価の上下をしながら特長的なチャートを形成してトレンドの変換を示唆するものがあります。

実際の相場でよく目にする、トレンドの変換が起こりやすい「ウェッジ型」、長期的に株価が上限・下限ライン内で推移する「ボックス型」について見ていきましょう。



スポンサード リンク



ウェッジ型(上昇トレンドへの転換)

ウェッジ型(上昇トレンドへの転換)

株価の上値と下値が序々に切り下がっていき、株価の変動も小さくなっていく型です。株価の変動が小さくなった頂点で下値を売り込むエネルギーの限界が生じ、株価は底を打って上昇トレンドに変換する可能性が高いチャート形状です。



ウェッジ型(下降トレンドへの転換)

ウェッジ型(下降トレンドへの転換)

株価の上値と下値が序々に切り上がっていき、株価の変動も小さくなっていく型です。株価の変動が小さくなった頂点で上値を追うエネルギーの限界が生じ、株価は天井を打って下降トレンドに変換する可能性が高いチャート形状です。



ボックス型

ボックス型

長期間に渡って株価が上限と下限内で行き来して推移するチャート形状を言います。このような相場はボックス相場、またはレンジ相場と呼ばれています。


ボックス相場のブレイク

ボックス相場ではその期間に売買のエネルギーが蓄えられる傾向にあり、そのうちボックスのレンジから株価が上または下にブレイク(レンジ外へ大きく株価が変動)することになります。


SEO対策:株式       トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system