株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
テクニカル分析編 - 初心者のためのネット株入門

株価底打ちのシグナル

鍋

株価が永遠に上昇し続けることがなければ、よほどのこと(上場廃止・倒産など)がない限りは株価の下落もいつかは止まり、上昇に反転します。株価の天井と同じように株価の底においても特徴のあるチャートが形成される場合があります。

そんな「底打ちのシグナル」について見ていきましょう。



スポンサード リンク



ダブルボトム

底打ちのシグナルとして出現するチャートパターンとしてまずダブルボトムがあり、形状としては下図のように二つの谷(安値)とその間に一つの山(高値)を形成したものになります。ちょうどダブルトップの逆の形状です。


ダブルボトム

二つの谷はほぼ同値か、二つ目の谷の方が最初の山より高い場合で、前回の安値を更新できないことで底堅さを感じ、割安さと買い安心感、または下値の限界と感じた売り方の買戻しから上昇基調へと転換する場合が多くなります。



三尊底

三尊底とは下図のように三つの谷と二つの山で形成され、二つの谷に挟まれた真ん中の谷が一番深い谷となっている形状をしています。


三尊底

最初の谷(安値)を形成したあと、次の谷で安値を更新していて下降の勢いがまだあるように見えますが、三つ目の谷が二つ目の谷(最安値)を更新できず、さらに最初の谷と同程度かもしくは高い場合には売りの勢いも衰えて買い圧力が増してきたことがうかがえます。



ソーサーボトム(鍋底型)

ソーサーボトムとは、下図のように株価が底に張りつき、ソーサー(皿)の底のようなチャート形状となっています。日本ではこの形状が鍋の底にたとえられることから、鍋底型といわれています。


ソーサーボトム(鍋底型)

この形状は長期的な下げトレンドの終局で現われることが多く、底値圏で出来高が少なく値幅も小さい状態が続くと長期保有者は売らないし、売り方も下げが期待できないことから売り崩しもしづらく、序々に下値を切り上げていく場合が多くなります。


SEO対策:株式       トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system