株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
テクニカル分析編 - 初心者のためのネット株入門

グランビルの法則

グランビルアイランド

移動平均線を用いたテクニカル分析の手法に「グランビルの法則」というものがあります。グランビルの法則とはアメリカの著名な株式アナリスト、ジョセフ・グランビルが発案した、株価と移動平均線の位置関係を利用した売買手法です。

有名な手法の一つで、市場参加者心理にも影響するため、理解しておくと良いと思います。



スポンサード リンク



グランビルの法則による8つの売買ポイント

グランビルの法則は、移動平均線の状態と株価の動きから売買のタイミングを見出すためのものです。市場参加者はこのタイミングを意識させられる場合が多いので、4つの買いポイントと4つの売りポイントを押さえておきましょう。


4つの「買い」のタイミング

買いポイント1
買いポイント@

右下向きだった移動平均線が横ばいか右上向きになり、株価が移動平均線を上に突き抜けた時



買いポイント2
買いポイントA

右上向きの移動平均線を株価が下まわったものの、再び移動平均線を上に突き抜けた時



買いポイント3
買いポイントB

右上向きの移動平均線の上で株価が下落したものの、移動平均線に触れずに上昇した時



買いポイント4
買いポイントC

右下向きの移動平均線を株価が大幅に下まわり、乖離が大きくなった時



@はゴールデンクロス、ABは通称「押し目買い」と呼ばれ、Cは売られ過ぎのリバウンド狙いと言えます。


4つの「売り」のタイミング

売りポイント1
売りポイント@

右上向きだった移動平均線が横ばいか右下向きになり、株価が移動平均線を下に突き抜けた時



売りポイント2
売りポイントA

右下向きの移動平均線を株価が上まわったものの、再び移動平均線を下に突き抜けた時



売りポイント3
売りポイントB

右下向きの移動平均線の下で株価が上昇したものの、移動平均線に触れずに下落した時



売りポイント4
売りポイントC

右上向きの移動平均線を株価が大幅に上まわり、乖離が大きくなった時



@はデッドクロス、Cは買われ過ぎの反落狙いと言えます。


グランビルの法則はもともと200日移動平均線を元に考案されたものですが、近代の株式取引処理の早さからすると25日移動平均線が意識される場合が多いようです。しかし、当然のことながらテクニカルなので、不測の事態には通用しないということも頭に入れておかなければなりません。


SEO対策:株式       トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system