株式入門編 株式入門編(HOME)  信用取引編 信用取引編  テクニカル分析編 テクニカル分析編
テクニカル分析編 - 初心者のためのネット株入門

ローソク足の基本

ローソクいっぱい♪

ローソク足チャートは数ある株価チャートの中でも最も広く使われているものであることを前章で述べました。ローソク足チャートの読み方の基本をおさえれば株価の値動きのクセがわかり、売った方が良いのか、買った方が良いのか、まだ待った方が良いのかの売買タイミングを判断できるようになります。

まずはローソク足とはどんなものかを見てみましょう。



スポンサード リンク



ローソク足はなにを表すの?

1本のローソク足からは、ある期間の四本値(始値、終値、高値、安値)が読み取ることができます。また、始値より終値の方が高いときのローソク足を「陽線(ようせん)」、始値より終値の方が安いときのローソク足を「陰線(いんせん)」、始値と終値が同じ価格のローソク足を「十字線(じゅうじせん)」または「寄せ線(よせせん)」さらには「寄引同時線(よりひけどうじせん)」と呼ばれます。

陽線と陰線からはみ出た線(高値や安値)は「ヒゲ」または「影」と呼ばれ、高値にはみ出た線を「上ヒゲ」または「上影」、安値にはみ出た線を「下ヒゲ」または「下影」と呼びます。


ローソク足チャートの見方

日本のインターネット上の株価チャートでは陽線を「赤」、陰線を「青」、ヒゲや十字線は「黒」で表す場合が多いようです。白黒で描かれている場合は白い長方形が陽線で黒で塗りつぶしてある長方形が陰線になります。また、海外のチャートだと陽線が「緑」陰線が「赤」だったり、ややこしかったりするので注意してください。



ローソク足から株価の推移を読もう

ローソク足が表す四本値から、その期間の間にどのような株価の変化があったかを推測することができます。たいていのローソクには「ヒゲ」という線がついている場合が多いですが、それは始値と終値の期間の間に株価がどちらか一方にゆれて戻すことがあったことを示しています。特に長いヒゲが出ている場合には株価に大きな揺れ戻しがあったことを示すので注意が必要です。


ローソク足による株価の推移


同じローソクでも株価の推移が同じだとは限りません

同じ形のローソク足でも、値動きのパターンが同じだとは限りません。普通は株価が上昇した方が嬉しいものですが、一見同じローソクの形状でも値動きによっては波乱含みであったりする場合があります。


株価の推移の違い

SEO対策:株式       トップページへ       <<前へ       次へ>>

inserted by FC2 system